社畜になるのが本当に幸せ?真の自由の先に子供や結婚がある


「ビジネス」を行うというっていうのは、何を置いても資格を習得しなければならないとか、テキパキのビジネス歴で無い限り出来ないという意味を込めてはないといえるでしょう。

規則的な社会人経験を積み重ねることこそができれば、それで良いです。

特別総合職じゃなくてもいいでしょう。

何だろうか銀行の一般職ということで窓口を面倒をみている女性は、お客が何を求めているのかを、会話に限らず外見や仕草からリーディングする能力に優れています。

銀行では器材から整理券を入手して、呼び与えられて受付係に足を運びいるわけです。

わかりやすく言うと、お客からすれば、どの行員が応対するかは無造作に仕上がるし、そこのところを問い掛けに思う人は存在しません。

しかれど女の子の窓口には、「あなた自身に接客やってもらうためには何をしたら良いか」と駆け引きしてくるお客が続々と生じてくるというのです。

総合職・専門職でなくても、こういったように、上役に指示されたことや自分の責任以上のことを主体となってすべきことができるような人材を求めています。

こういう類のスキルを向上させておいて、初めて子どもをつくえうことも視野に入れても構わないのです。

では、フリーランスや引きこもりいただきたいです。
具体的に言うとコンビニエンスストアのバイトを続けていたとします。

時給1000円だと予想して、年収は240万円ほどになりますね。
バイトでは300万円には到着しません。
そのこと自体はいいのです。
失業もしかり。

食べていくことは不可能ではありません。
そのかわり、子供さんは作らないほうがいいでしょう。

子育てを行いたい人は、年収300万で十分です。

趣味でサッカークラブに通うなんてとのもありです。

しかし、これとは別に条件を擦り込むとしたら、最低限の生活を営むことや自分のものにするためにも、大学を卒業すること。

入り込んでおり、「言語運用能力」をつけるのが理由です。

「個人的な都合で大学に行ったり来たり出来ない」なんて、社会全体が貧困状態だった50年前ならざらに見受けられましたが、現代では自分の育った環境がお金の面で恵まれていなくても、奨学金などいろいろな手法により大学に前に行くことが可能だと考えます。

それ以降に3年間就労することであります。

以上のことからも、結婚相手探しでハイスペックな男に巡り合うよりも「女は稼げない」という洗脳から自由になって、一生続けたいと思える職業に巡り合うことのほうが、素晴らしい家庭をつくり子育てするための一番の効果的な方法であるということに気がついてきたのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です