出会いは草食系男子が減少し女性が肉食系男子となる

女の人達の内面的の向こう側には、類似して「扶養されたい」と望んでいる屈強な気持ちがあると嘆かれています。

結婚が、現在の不満なタイミングを余す所なくをリセットしてくれるはずです。

こんな感じの「ファンタジー」が広がっていき、婚活への強い原動力と捉えているじゃないでしょうか。

近頃では、男性のみなさんの気を惹こうとするのは女性のほうに変わってしまいました。

女性の方の方がメンズよりも一所懸命変化しているのは、実は世界的規模の風潮があります。

アメリカでは『男性ハント』という、男性の人を手に入れるための女性向けの本が大ブレークするという物理現象が発生しています。

日本の婚活を推挙する攻略する方法本の中には、「女性の人は、躍起になって男性を狩るべき」と進展させるものも存在するのです。

「肉食系」を卒業して「男狩り」をせよだと言われています。

要するにマーケティング活動が女性たちにそう指示を行なっているようみもみえる。

わかりやすく説明するとマスメディアがそう仕掛けている。
競り合いをさらにあおっていると推定します。

2000年代の間は、色恋沙汰の気を惹こうとするのはメンズの方でありました。

『プレイボーイ』等といったロマンス攻略法雑誌を20~30代の男の方は読み漁り、女の人を落とす技法を磨きました。

その当時の学徒のほとんどすべてはスノボーやテニスの一団に入り、マイカーを買い入れて女の人をお呼びすることに明け暮れおりました。

男性の人の気を惹くために、女の人は「メイク」を行ないます。

男性にはピンと来ない習慣ですが、とにかく化粧水、パック、美容液、サンスクリーン剤など細心の注意を払ってベースをつくって、それどころかに化粧下地を塗りつけます。

そんな上手に作り上げた女性の魔法によって、男性は私達の本質を見ているようではなく、あなたの顔に塗られた「コスメの膜」しか見ようとしていないのであるとも言っても良いでしょう。

メイクとは、素顔をキャンバスにして絵を書き表わすみたいなもので、男性はその「女性の魔法」に目を通していないか、上っ面に塗られたコスメティックしか見なしていないと言えます。

もう一方では男性は、メイクアップした女性の顔の表面だけを見て、チャーミングだと思うくせを変えなければ駄目だと言えます。

現在の男性たちは、そのようなことに迄ギラギラしてないように感じ取れます。

女の人達を「落とす」成功するための手段雑誌のうち『メンズエッグ』は休刊してしまうことになりました。
若い男性は女性を乗せるためのマイカーに興味を示さなくなり、スキー場の来場者も大幅にダウンしています。

女性から「狩られる」対象の男の人は、3K(高身長、高学歴、高収入)の方達に集中しています。

男の人がアプローチするのは主にキレイな女の人が大半でしたが、女性の襲撃を中心にした条件には「収入」がランクインするので、「狩り」のターゲットである男性は、男性が女性を「狩る」相手に比べてさらに絞られるのです。

滅多に無い動物なみと考えて問題ないでしょう。

したがって、男性のもつ異性との人付き合いや結婚の認識と、女性のそれとは、その地で高レベルな違いが見られるのです。

「結婚をタイミングに家庭に入り、妻の収入でお金の面でラクな日常生活を送れたら良いな」と捉えている男性の方は皆無に近いと考えられます。

男の人は、間違いなくそうするかどうかは排除して、「やりたい事をして生活を送る」という選択肢をもっているからに違いありません。

だけれどて「婚活」に走る女性の方々は、「将来楽チンになりたい、それもあって狩りをする」という振る舞い論理という特性があります。
まさにそれがパートナー探しの特殊な実情を作り出しているわけです。

結婚を急ぐあまりに、結婚相談所に駆け込む女性は多いようですが、スペックの高い男性には見透かされてしまいます。
従って、出会い系サイトを攻略することが最善の近道だったりします。

人は善は急げ!ということわざにに惑わされやすいですが、時には、「急がばまわれ」という選択も視野に入れると良いでしょう。
サッカーが好きならサッカー鑑賞をする。料理が好きなら料理学校に通う。
など、出会いは無数に存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です